立地条件のいいところでマイホームを購入するには?

つみき

独特の町並みと快適な生活

女性

古い住宅を参考に

古くから道路がしっかりと整備されていた京都では、住宅もそれに合わせて建築されていました。具体的には、規則正しく並ぶ道路に沿って、鰻の寝床と呼ばれる、奥行きのある住宅が多く建てられていたのです。そしてこういった住宅が並ぶことで、京都独特の美しい町並みは作り出されていました。また鰻の寝床は、夏には蒸し暑くなるという京都の気候にも適しています。奥行きがある分、屋内を風が一直線に吹き抜けるので、屋内に湿気がこもりにくく、比較的涼しく過ごすことができるのです。さらに玄関などの開口部に、長い日陰のできる庇が設置されていることが多く、その点からも夏に過ごしやすいと言えます。近代になり、こういった住宅は減ってきましたし、それに伴って京都の町並みも変わってきました。しかしだからこそ昨今では、町並みを取り戻すために、鰻の寝床を参考にした注文住宅が多く建てられるようになっています。地球温暖化により、夏の京都は一層気温が上昇しやすくなっているので、快適に過ごすためにも、こういった注文住宅は注目されています。また注文住宅では、素材も依頼主が自由に選択することが可能となっています。そのため、断熱効果と調湿効果のある無垢材や漆喰を使った注文住宅を建てる人も多くいます。屋外の熱を通しにくい上に、湿気を排出させる素材なので、より快適な暮らしが可能となるのです。加えていずれも古くから使われてきた素材なので、使用することで京都らしい町並みがさらに蘇りやすくなると言えます。